Go to content
冬景色に囲まれたシュテガシュタイン展望台で、雪の上を歩く冬服の二人。写真。
フロム渓谷の雪景色と川沿いを走る列車。
雪をかぶった山々を前にした観光カタマラン。
雪山に囲まれ、ヘルメット、赤いジャケット、青いパンツの人物がスキーで雪を投げ上げています。
暗闇の中、フレトハイム ホテル前の火鍋のそばのベンチに座る四人。写真。
赤く古い建物が立ち並ぶ。眼前の畑や山々に雪が降っています。写真。
イルミネーションで飾られたフロムとフィヨルド、山々の前のクリスマスツリー。

フロムで冬休みを過ごすべき8つの理由

冬のフロムを訪れたくなる8枚の写真をご覧ください。美しい自然、穏やかな雰囲気、興味深い歴史など、素晴らしい印象に満ちた冬休みを保証します。フロム旅行に加えて、ミュルダレン マウンテンリゾートで数日を過ごせば、よりエキサイティングな体験ができます。冬のフィヨルドにようこそ!

シュテガシュタイン展望台を歩く二人。薄暗い光、雪に覆われた風景、下にはフィヨルド。

1.シュテガシュタインで冬の光を探しましょう

フィヨルドのそばの冬の光には特別なものがあります。太陽が高い山の上からやっと昇ってくると、独特の薄暗さが生まれ、この壮大な風景に大きな静寂を与えてくれます。この雰囲気を味わうのに最適な場所の一つが、シュテガシュタイン展望台です。アウルランド中心部の真上650メートルからは、ユネスコ世界遺産に登録されているアウルランフィヨルドと山々のパノラマビューを望めます。自家用車、フロムからの観光ツアー、熟練ガイド付きフィヨルドサファリのスノーシューでアクセスできます。

フロム渓谷の列車。雪に覆われた風景と青い空。

2.フロム渓谷での過酷な土木工事

冬のフロム鉄道に乗って、20世紀前半にこの鉄道を建設した人々に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。鉄道の旅は一年中美しいものですが、冬はまた格別です。海抜867メートルの上の駅、ミュルダールに近づくにつれ、雪や氷が多く見られます。冬の凍てつく日、風の強い日、このような過酷な環境での作業はどうだったのでしょうか?

目に前にシルバーライトツリー、奥にクリスマスイルミネーションとフィヨルド、雪をかぶった山々が見えるフロム。

3.フィヨルドでクリスマス気分

クリスマスのイルミネーションが点灯すれば、日が短くても問題ありません。フロムでは11月1日からクリスマスイルミネーションが点灯し、フレトハイム ホテル裏の文化通りからは、穏やかなフィヨルドと雪をかぶった山々に囲まれたイルミネーションに彩られた町の様子をお楽しみいただけます。クリスマスツリーやインスタレーションで彩られた町を歩くと、どうしてもクリスマス気分になります。

険しい雪山を前に、フィヨルドに浮かぶ客船カタマラン。青い空。写真。

4.ネーロイフィヨルドで静寂を体験

究極の静寂を体験するには、フロム・グドヴァンゲン間のフィヨルド クルーズがおすすめです。完全電動の客船、レガシー オブ ザ フィヨルド号は、急峻な山肌の間を静かに航行し、寒い日には氷が砕ける音だけが聞こえます。この船は、乗客が最高の眺めを楽しめるように設計されており、ここでは次のような選択が可能です

晴れた日の雪山で、パウダースノーを投げ上げるスキーヤー。写真。

5.スノーパラダイスの一日:ミュルダレン

フロムから車でわずか45分で、西ノルウェー最大のスキーリゾート、ミュルダレン マウンテンリゾートに到着します。ヴォス市にあるこの渓谷は、特殊な微気候のため、他のどの場所よりも雪が多く降り、雪の冒険を求める人には最適な場所です。あらゆるレベルに対応したゲレンデ、お子様・初心者専用エリア、公園エリアがあります。クロスカントリーがお好きな方には、リゾートの近くに合計30キロメートルのコースもあります。フロム・ミュルダレン間のフィヨルド&マウンテンバスは、ご要望に応じて運行します。

冬のバイキングバレー、グドヴァンゲンで、バイキングの服を着た二人が剣と盾で戦っています。写真。

6.冬のバイキングの生活

バイキングがどのように冬を過ごしていたのか、気になったことはありますか?グドヴァンゲンのバイキングバレーに立ち寄って、バイキングに質問してみてはいかがでしょうか。本物のバイキングの村、ニャルダルヘイムでは、人々は一年中バイキングとして生活しており、お客様は村を散策し、家の中を覗き、出会った人々とおしゃべりすることができます。入場券には、熟練のストーリーテラーによるガイド付きツアーが含まれています。アーチェリーや斧投げも体験できます。

フレトハイム ホテルの外で、暗闇の中、焚き火のそばに座っている女性二人と男性二人。写真。

7.フレトハイム ホテルの屋外で焚き火

ノルウェー人にならって、午後にはフレトハイム ホテルのロビーバーの屋外にある庭園で焚き火を囲みましょう。温かい飲み物を片手に、一日の疲れを癒し、思いを共有するのに最適な場所です。悪天候で焚き火ができないときは、ロビーバーでおくつろぎください。お腹が空いたら、2階のレストラン アルヴェンに移動して、地元の食材を使ったおいしい料理をご堪能ください。

寒い冬の日、三軒の赤い古い木造家屋。雪が積もり、遠くには山々が見えます。写真。

8.オッテルネス農場の冬の風景

フィヨルドと歴史に触れながら、オッテルネス旧農場まで歩いてみましょう。フロムからアウルランフィヨルドに沿ってのどかな農場まで続くこの遊歩道では、フィヨルドに生息する野生動物に目を凝らしてみてください。運が良ければ、アザラシやイルカが水面から顔を出すところを見ることができます。オッテルネスでは、歴史的建造物を巡りながら、100~200年前の暮らしぶりを想像してみましょう。