Go to content
1930年初頭、アウルランドの靴工場の外で働く女性、男性、子供達
日光で皮の曲線を確認しながら、労働者が黒革のアウルランドシューズの上部を丁寧に縫っているところ
アウルランド靴工場の天井から、色違いのアウルランドシューズが仲良く吊り下げられています。
労働者がアウルランドシューズの靴底を縫っています。ミシンに取り付けられたミニスポットライトには、Aurlands(アウルランド)の新しいロゴが入っています。
古書やビール瓶に混じって、小銭でいっぱいの瓶が窓枠に置かれています。ミントグリーンの壁に描かれた旧工場のロゴ。
1930年代、口髭を生やし真剣な表情でアウルランド靴工場に座り込んで働く4人の男性の歴史的な写真。
労働者の手作業により、茶色のアウルランドシューズが機械に導かれ、皮革がインナーソールに固定されます。
鋭い鋼鉄の型枠を正確に並べ、アウルランドシューズの形を打ち出していく女性達。赤い工業用スタンプ機の準備ができました。

Aurland(アウルラン)・シューズズ・Économusée

ユネスコ世界遺産のAurland(アウルラン)・フィヨルドに近い、Aurland(アウルラン)の町の中心部にあるローファー工場のガイド付きツアーをお楽しみください。(ローファーの発祥である)Aurland(アウルラン)・シューズズの伝統や職人技について学び、靴職人に会い、靴の作り方を学ぶことができます。このガイド付きツアーをノルウェーのフィヨルドの休日と組み合わせてください。

今すぐご予約ください!NOK 80~、-

ガイドツアー

Aurland Economuséeは、長年にわたり、ノルウェーに今もなお残る数少ない靴メーカーについてもっと知りたいと思う多くの訪問者を魅了してきました。

ここでは、靴工場の背後にある物語を聞き、製造施設を見学し、靴をはじめとする素晴らしい革製品を購入して持ち帰ることができます。

Aurland Economusée訪問は、従来の観光客が求めるものとは大きく異なる素晴らしい体験です。学習体験が保証されています。

ガイド:英語・ノルウェー語

元祖ローファー

Économusée

Économuséeは、通常の博物館ではなく、伝統的な製品の製造と販売を備えた観光名所となる、生きたワークショップです。我々は、自身の製品の伝統とその歴史的な文脈を紹介するだけでなく、製品を購入する機会も提供します。

ブラウンのスーツに身を包み、靴下を履かない男性の脚が、ブラウンのペニーローファーの新作コレクション「Aurlands(アウルラン)」を屋外で披露しているところ

ノルウェーで購入する最高のもの

地元産の本格的なお土産を家に持ち帰ることは、Aurland(アウルラン)・フラムでの夢の休日を思い出す素晴らしい方法です。ユネスコ世界遺産の地域では、オリジナルのローファー、地元産のヤギのチーズや塩漬肉、受賞歴のあるビール、ガラスや陶器、本格的な衣類、バイキングクラフトなど、地元産の手工芸品を多く取り揃えています。あなたに合った宝物を探す時間を設けてください。

Aurland(アウルラン)・シューズズの工場

  • Aurland(アウルラン)の中心部に位置
  • Économuséeと工場アウトレット
  • 元祖ローファー
  • 新しいローファーのコレクション(Aurland(アウルラン))
  • 高級レディースバッグ、メンズバッグ、ベルト、その他の商品

フロムストア

  • フロム・ビジターセンターに位置
  • Aurland(アウルラン)/元祖ローファー(靴、バッグ、ベルトなど)
  • ノルウェー製の、持続可能な手作りで地元特有の製品

今すぐ予約