Go to content
山の上に立ち、フロム、アウルランドフィヨルド、山の夕日を見下ろしている女性と2人の子供
シンヤルハイムの3軒の古い家の下にある高い石積みの隣を歩くハイカー
ホテルアウルランドフィヨルドの外観と、緑の葉の枝を通して見た後ろの丘の上の家々。
アウルランスフィヨルドの上を歩く赤いジャケットとバックパックの女性。フィヨルドを帆走するボート。
雄大なアウルランスダーレン渓谷を見下ろすケルンのそばに立つ3人
ホテルアウルランフィヨルドの外のテーブルで、シードルを飲む笑顔の女性たち
ネーロイフィヨルドの険しい山々のそばを航行するボートの通路を歩く2人。

アウルランドでの休日ハイキングを楽しむ3日間

アウルランド(Aurland)は貝の中の真珠のように、フィヨルドの奥深くにある町です。喧騒や混雑から遠く離れています。一方には美しいアウルランスフィヨルド(Aurlandsfjord)があり、片方には険しく雄大な山々があります。中央には魅力的なホテルアウルランスフィヨルド(Hotel Aurlandsfjord)があります。落ち着いていながら、活気も感じられる折衷様式のホテルは、休日をハイキングで過ごされる方にぴったりです。ハイキングパッケージを予約する場合、アウルランスダーレン(Aurlandsdalen)渓谷までの送迎も含まれています。

アウルランスフィヨルドのほとりにある桟橋、ビーチ、赤いボートハウスと、森と雪に覆われた山々。

アウルランドでの3日間のハイキングとリラクゼーション

アウルランスヴァンゲン(Aurlandsvangen)はアウルランド(Aurland)市の中心部にあり、人口は800人強です。ホテルアウルランスフィヨルド(Hotel Aurlandsfjord)にチェックインした後は、山の旅、フィヨルドの静けさ、おいしい食べ物、歴史や文化の香りなどを存分に楽しむことができます。

山での冒険が大好きな方にはぴったりの場所です。アウルランド(Aurland)では、ほぼすべての人の好みに合った登山道が見つかります。荒々しいアウルランスダーレン(Aurlandsdalen)渓谷はノルウェー人の間で特によく知られていますが、他にもたくさんのハイキングルートがあります。

村の中心部を散策し、その興味深い歴史を知るのもいいでしょう。ヴァンゲン(Vangen)教会は白く塗られた美しい石造りの教会で、1202年の歴史があります。ノルウェー最後の伝統的靴工場もこの村にあり、フィヨルドの端の牧歌的な場所に建てられています。アウルランドシュー(Aurland Shoe)の工場では今でもオリジナルのペニーローファー(penny loafer)靴を生産しています。これは靴職人のニルス・トヴェランゲル(Nils Tveranger)が、20世紀初頭に米国でインスピレーションを得て作り始めたものです。.工場は現在Économusée Norway社の傘下にあり、ガイド付きツアーでは靴職人の作業を見学できます。もちろん、高品質のレザー製品を買ってみたい方のために、靴やハンドバッグを販売しているアウトレットもあります。

Best time to go

Jan
Feb
Mar
Apr
May
Jun
Jul
Aug
Sep
Oct
Nov
Dec

おすすめの日程:

1日目:

  • アウルランド到着
  • ホテルアウルランスフィヨルドにチェックイン
  • ブレスト山で午後のハイキング

2日目: 

  • 壮観なアウルランスダーレン渓谷で全日ハイキング
  • ホテルアウルランフィヨルドで夕食

3日目: 

  • ネーロイフィヨルドでフィヨルドクルーズ
  • 旧王立郵便道路で散策
  • アウルランド発

ハイキングパッケージのご予約はこちらから

ホテルアウルランスフィヨルドのサンルーム式レストラン。モダンな天井ランプ、テーブル、テラスに出られる窓があります。

新しいホテルアウルランスフィヨルド

ホテルアウルランスフィヨルド(Hotel Aurlandsfjord)は、この町に最近オープンしたホテルです。ホテルの部屋数は30室で、さまざまなサイズがあり、すべて新しく改装されています。ドアから入るとすぐ、気持ちの良い雰囲気を感じるでしょう。インテリアの落ち着いた色や材質は、ゆっくり休んで次のアクティビティや体験をするエネルギーを取り戻す場所にぴったりです。新しい目的地に到着したら、まずその土地全体について知るのはよいことです。チェックイン後、車でアウルランスフィエレ(Aurlandsfjellet)山に向かってください。

女性と子供が紅葉の丘の上に立ち、フィヨルドを横切ってアウルランスフィヨルドとその向こうの山々を見下ろしている様子。

1日目:プレスト山へのハイキング

新しい目的地に到着したら、まずその土地全体について把握しましょう。ホテルアウルランスフィヨルド(Aurlandsfjord)でチェックインしたら、車でアウルランスフィエレ(Aurlandsfjellet)山に向かってください。ステガスタイン(Stegastein)の展望台を通過した後、左側にプレスト(Prest)山の駐車場が見えてきます。ここからは、わかりやすい印の付けられた歩道を歩きます。すぐにこのハイキングが土地全体を把握するのに最適な理由がわかります。

プレスト山へのハイキングでは、アウルランスフィヨルドと世界遺産に登録された美しい風景を眼下に見渡すことができます。最高の景色は、頂上から数百メートルにあるリョイルグリン(Røyrgrind)のケルンで、必ず訪れたい場所です。ハイキングには、往復2~3時間を予定してください。ホテルに帰ると、静かな夜とおいしいディナーが待っています。

緑豊かなアウルランド渓谷を前に、岩の上に立つ3人。

2日目:アウルランスダーレン渓谷の探索

おいしい朝食の後は、山で一日ハイキングをお楽しみください。雄大なアウルランスダーレン(Aurlandsdalen)渓谷の入口のオステルブロ(Østerbø)に行くには、アウルランスヴァンゲン(Aurlandsvangen)からハイキングバスに乗ります。ヴァッスビグディ(Vassbygdi)まで約20km、野生の美しい自然の中を歩きます。途中、ビョルンスティゲン(Bjørnstigen)に立ち寄り、荒々しい渓谷の景色を眺めることもできます。切り立った岩山が多いため、急な坂道があります。雨天の場合や、膝の弱い方がいる場合は、ここを歩かないでください。

また、これより短い迂回コースを通って、「小さな地獄」を意味するヴェトラヘルヴェテ(Vetlahelvete)の、「巨人のやかん」岩を見ることもできます。道順は標識に従ってください。沿道にいくつかの古い農場がありますので、シンヤルハイム(Sinjarheim)で休憩を取ることをおすすめします。100年前のここでの暮らしを想像することができます。彼らが大きな岩山の陰の高い石積みの上に家を建てたのには理由があります。険しい山々では、土砂崩れや雪崩がよく起きたためです。

終点のヴァッスビグディまで到着したら、帰りはハイキングバスまたはタクシーでアウルランスヴァンゲンまで戻ります。

日の当たるホテルアウルランスフィヨルドのテラスで、シードルを飲みながらテーブルを囲んで笑っている女性たち。

お食事と飲み物

天気が良ければ、ホテルアウルランスフィヨルド(Hotel Aurlandsfjord)のテラスは、一日の冒険の後にくつろぐのに最適な場所です。思い出話や写真の見せ合いをしながら、さわやかな飲み物を片手に椅子にもたれ、脚を休ませてください。

シャワーで汗を流した後は、レストランのサンルームに皆で集まって素敵な食事を楽しめます。ノルウェー料理と各国料理をイメージしたメニューで、地元の食材を使った自然の味わいが楽しめます。夕食後にはバーでシャッフルボードのゲームができます。

山あいのフィヨルドに波を立てて進む観光用カタマラン。

3日目:フィヨルドの探索

週末に山頂や谷からの素晴らしい景色を堪能した後は、最後の1日でフィヨルドをたっぷり楽しみましょう。アウルランド(Aurland)で最新型電動船レガシー オブ フィヨルド(Legacy of The Fjords)号に乗り込み、アウルランスフィヨルド(Aurlandsfjord)とネーロイフィヨルド(Nærøyfjord)を通るフィヨルドクルーズに出かけましょう。

ネーロイフィヨルドの小さな集落ステュヴィ(Styvi)で船を降ります。ここではかなり歩きますが、今回はユネスコ世界遺産のフィヨルドの海岸に沿ったほぼ平らな道です。昔の王立郵便道路(Royal Postal Road)は、ブライクリンディ(Bleiklindi)までの約5kmの道で、文化的景観を間近でよく見ることができます。ここから帰路につくか、フィヨルドクルーズとフィヨルドサファリリブボートでの出迎えを含むパッケージを予約してください。

もう歩くのは十分ですか?歩く代わりにグドヴァンゲン(Gudvangen)までのフィヨルドクルーズで、船上から景色を楽しむこともできます。

アウルランスダーレン渓谷の滝に架かる橋を渡る3人

ハイキングパッケージ、送迎バス付き

ホテルアウルランスフィヨルドのハイキングパッケージをご予約いただくと、下記のすべてが含まれます。

  • 2泊3日、朝食付き
  • 両日とも3コースの夕食
  • 2日目の昼食、携帯用
  • アフターハイキング、1ドリンクと生ハム付き
  • アウルランスダーレンへの往復のハイキングバス
ネーロイフィヨルドの近くの野原を歩く3人のグループ。背の高い山々とその後にある滝。